【サイト情報満載】2018.2.9 ハイマート佐仲オートキャンプ場に行った ブログ

 

キャンプな一日

それでは今回のハイマート佐仲オートキャンプ場での一泊二日をレポート開始。

今日の天気予報は晴れ、ですがあいにく明日は早朝から雨予報。雨撤収覚悟の上です。

当日は平日ということもあって僕たち以外のキャンパーはソロキャンパーが2組だけでした。

そういうことでこの広大なサイトが選び放題でしたわ!サイコー!!

 

また、実はここに来るのは2回目ということもあり要領もバッチリです。

到着後まずは管理棟前の駐車スペースに車を置いて受付でチェックインします。ここで注意事項や施設の情報、サイトの状態などの説明を受けます。

 

サクッとチェックインが終わったところでサイトに車ごと入っていきます。ここハイマート佐仲オートキャンプ場はフリーサイトで車を横付けできる高規格オートキャンパーにとっては超魅力的なキャンプ場なのです。

 

前回来たときは管理棟から一番遠くダムに一番近い場所を選びましたが、今回は反対の管理棟に比較的近い場所を選びます。

 

というのも、トイレが管理棟にしかないためお酒を呑みまくる僕たちにとってトイレが遠いのは結構面倒でした。また、この冬だとダムに冷やされた風邪が吹き下ろしてくる心配もしました。

場所が決まったらそれぞれに設営にとりかかります。芝の状態も良く、土も固くもなく柔らかい過ぎずちょうど良い感じです。おっとその前にお昼ご飯を忘れてました!

今日の僕のランチメニューはお惣菜のお好み焼きです。

 

このまま食べてももちろんおいしいのですが、せっかくキャンプにきたのでちょっとひと工夫。

スキレットに入れてフタをしたまま火にかけること約5分で底はちょっとカリッと中はあったかふわふわのお好み焼きの完成です。

このCB缶カバー結構イケてるとおもいませんか??実はコレ、友人Nさんのアイディアなんですが身近なアルものでできちゃうんです。

気になる方はこちらの記事にまとめてますので参考にどうぞ♪

 

お昼ご飯も美味しく頂いたところでちゃちゃっと設営です。ここで仲間たちのテントをご紹介。

友人Hさんはコールマンのエクスカーションティピーのテントにタトンカ1TCタープの組合せです。このタープ今回が初めての登場ですが、実は買った本人は少々ショックをうけていたのはここだけの内緒です(爆)これからタトンカタープの購入を考えられている方は材質の表記にはじゅうぶんに注意したほうがよさそうです。

 

もう一人の友人NさんのテントはテンマクデザインのサーカスTCです。標準でスカートも付いていて冬キャンプでもとっても使いやすそうです。また、5角形がスペースを無駄なく使えるようにしてくれています。

 

そして僕のテントはノルディスクのアルフェイム12.6です。ソロキャンプでこのテントは大き過ぎるかとも思いましたが、実際使ってみるとタープ無しで冬キャンプだとちょうど良い感じです。中にテーブルと椅子やストーブを置いたらお家感がでてなんだかホッコリしちゃいます。

ノルディスクのお得な入手方法やポリコットンテントの比較について別記事にてまとめてますので、気になる方はよろしければどうぞ。

 

 

 

設営が一通り終わったら散策に出かけますが、その前に乾杯!

 

散策コースは佐仲ダムをぐるっと一周です。所要時間はだいたいですが20分くらいです。

そのためにまずは100段以上はあろうかという階段を登らなくてはなりません!

 

このようなダムのほとりを歩きます。この日は暖かかったのですが、数日前までの寒波の残り雪が積もっていました。

 

おかげでご自慢のシューズ、ダナーちゃんもドロドロです。。。帰ったらきちんとお手入れしてあげなくては!

 

さらには写真のようにダムの水も一部凍っていました。試しに石を投げてみたところ思ったよりも分厚く、人の頭ほどの大きな石を投げてみても割れることはありませんでした(汗)

 

ダムの北側まで歩くと折り返しになります。

残りの半周はアスファルトになっています。

こちら側にはワカサギ釣りやヘラブナ釣りが楽しめる施設がありました。

 

そんな感じで散策も終了し程よい運動になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です