【サイト情報満載】2019.3.15 書写アウトドアパーク タロリン村に行った ブログ

キャンプ1日目

すでにご紹介したとおり、ここタロリン村のフリーサイトは車乗り入れ不可なのでソロキャンパーとはいえどそれぞれが大量のギヤを持ち込む僕達にとっては試練が待ち構えています。
駐車場からフリーサイトまで約100mの距離、荷物を運ばなければなりません。

でもちょっと朗報だったのは一輪車を貸出してくれたこと。これを使って数往復して一気にギヤを搬入です。

搬入が完了後は少しバテ気味のなか少し遅めのランチタイム。

後ほど改めてご紹介します近隣のマックスバリューで買ったざるそばが今日のランチメニュー。
夜の宴に備えていつもランチは軽めにしておくのが僕達の基本です。

そう言いながらHさんはガッツリたこ焼きを買ってましたが(爆)

フクロウ

ランチタイムのあとはそれぞれ一気に設営に取り掛かりました。

今回の僕は前回に引き続きテンマクデザインの「PANDA」です。
さらに今晩の天気予報はあいにくの雨ということで雨除けにと、テンマクデザインの「ムササビタープ」を連結させました。

 

写真はありませんが、実はみんな設営だけに1時間以上も悪戦苦闘しています。
典型的なA型のNさんは「サーカスTC」と「ムササビタープ」の連結がうまく決まらず何回もやり直したり、もう一人の友人Hさんも「男前タープ」を使った設営スタイルが決まらず何度もやり直したりしてました(汗)

半ばみんな途中でココロが折れとりあえず途中でキャンパーイです。

 

なんとか皆の設営が完了したのが15時過ぎでしょうか?ようやくイスに腰を落としてマッタリタイム。

 

その後ディナータイムまで散策にでかけました。
ちょうどフリーサイトのうしろには砂防ダムがあり、その奥を散策。

その途中このような一本橋に挑戦したり~

さらに少し奥に進むとなにやら怪しい石垣が出現。

どうも昔の城跡のようです。

 

散策から帰ってきたら時刻は19時を回ったところ、ディナータイムです。

その前にいつものパンシロンを忘れずにね。

フクロウ

僕は前回のキャンプからデビューしたピコグリルの上で薪料理の準備をしたり、
Hさんは自作の七輪で炭を熾したり、
Nさんはバースデーランタン「200A」を点火させたり、

そうやってあたりは暗くなっていきます。

 

今日のメニューも軽くご紹介しておきますと、Nさんは計3品。

この時期が旬であり定番のN家特製のイカナゴの佃煮。昔は各家庭で作られていたものです(ナツカシイ)

スキレットを使って砂肝のにんにくバター炒め。

あと写真を撮り忘れましたがトランギアの「ストームクッカー」を使ってキムチ鍋をしたり。

Hさんは熾った炭火のうえで子持ちシシャモを焼いたりしてくれました。

そして僕はいつもどおり手抜きメニューばかりです。

ピコグリルのうえで最近のお気に入りギヤでもあるmoose「フライアン」を使ってアスパラを焼いたり~

 

オーストラリア産の分厚いステーキ肉をフライアンからはみ出しながら焼いたり~

こうしてみんなのお腹はパンパンに満たされていきました。

さあ、満腹になった次は恒例の焚き火タイムに突入です。

 

みんなで焚き火台のまわりにイスと酒を持ち寄って今日は深夜0時過ぎまでウダウダ、、、グダグダ、、、

いつも誰かがそろそろ寝ようか?というまで焚き火は続きますが、今回は珍しくNさんがその言葉を発したところで終了~。オヤスミナサイzzz。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です