ペグケースにはもったいない!オレゴニアンキャンパー『ラージマウスペグバッグ』の収納力

こんにちは、フクロウです。

最近ブログ熱が若干ですが上がってきているのに比例して、ギヤの収集も加速中です(汗)
そんな中、僕が目につけたのはペグケースとして売っているオレゴニアンキャンパー『ラージマウスペグバッグ』についてレビューしていきます。
でもこれの購入目的はペグケースとしてではないんですけどね。

ラージマウスペグバッグ

改めまして、今回購入したのは、オレゴニアンキャンパーから発売された『ラージマウスペグバッグ』、色はオレンジです。

 

その他にもフォレスト(緑っぽい)カラーのラインナップもあります。
オレゴニアンキャンパーのHPを見てみると、最近は二次曲線的にキャンプギヤを世に送り出していますね。特に、収納ケースなんかは種類やカラーが豊富で、お金があったら全部オレゴニアンキャンパーで統一させたいくらい魅力的です。

スペック

品番 OCB 706
カラー ORANGE(オレンジ)/FOREST(フォレスト)
素材
表地 POLYESTER(ポリエステル)
裏地 PVC(ビニル)、防水コーティング
生産国 中国
サイズ H12x上幅54x下幅39xマチ14xハンドル35cm

詳細レビュー

では、手元にあるラージマウスペグバッグを使って恒例の詳細レビューします。

 

メイン収納の両サイドにはマジックテープ付きのサイドポケットを装備。あまり嵩張るようなモノは収納できません、予備のガイロープなどちょっとしたモノを入れておくのが良いと思います。

 

メインの収納のほうは開口部もがま口のように大きく開くので出し入れの利便性は◎。さらに開口部にはワイヤーが入っており、型崩れしにくい構造になっています。素材もPVC素材で汚れにも強いのも良いですね。
そしてこちらの両サイドにも計4カ所のサイドポケットが備わっています。ちびペグやレザーマンのようなマルチツールくらいを収納しておくのに適しています。

 

底面には脚も付いているので、地面からの汚れや底擦れによる破れなどのリスクの軽減も期待できます。

 

実践投入

ペグバッグなのでペグやペグハンマーを収納するのが普通ですが、今回は焚き火道具一式を収納するために購入してみました。さらに、僕のようなソロキャンパーだと、ここに最近購入したウルフ&グリズリーの焚き火グリル『グリルM1』も入れて持ち運べるくらいの収納力がありますよ。

50cmくらいの長尺ものまですっぽり入れることができるうえ、がま口のように広く開けることができる構造なので中身も確認しやすく出し入れも容易です。

 

焚き火がしたいなーと思ったら焚き火ツール一式を入れたこのラージマウスペグバッグと、普段から愛用しているコンパクトな焚き火台や薪だけ持ってすぐに焚き火が始められるのがたまりません。

まとめ

  • 長尺物も余裕の収納力。
  • 開口部が広いので出し入れの利便性◎。
  • PVC素材や脚の装備で耐久性◎。

 

今回レビューしたバッグはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です