PRIMUS(プリムス)マルチストーブEX-MFSについて

ご無沙汰してます。最近ちょっと他のことでアタマいっぱいになっててブログをサボってしまってました(汗)

そんななか今回レビューするのは、ちょっと変わったとこで既に廃盤のプリムス・マルチストーブEX-MFSです。

マルチストーブ EX-MFS

はじめに、残念ながらこの製品は廃盤になっているので入手するためにはオークションやフリマなどでデッドストックを探すしかありません(涙)

でも、PRIMUS本国サイトを覗くとマルチフューエルストーブとしてアップデートされていますね。これならちょっと頑張ったら入手できそうです。

スペック

  • 火力:2,750kcal(OD缶使用時)、2,500kcal(ガソリン使用時)
  • 重量:370g(本体)
  • 付属品:本体、ポンプユニット、メンテナンスツール、ケロシン用ジェット

いろいろ調べてみると、このゴトクの材質はチタンの模様。なかなかバブリーです。

ガスにする?ガソリンにする?それとも??

このEX-MFSの一番素晴らしいポイントがこれ!ワンタッチで、そのときの使用環境に合わせて燃料を選べるのです。

OD缶でもカトログ値2,750kcalとハイパワーです。そのぶん燃焼音も豪快ですが(汗)
ガソリンストーブを使ったことがある人は分かると思いますが、それと同様の燃焼音です。

 

ガソリンを使うときは付属のポンプにホースをつなぐだけなのが超便利です。

 

ケロシン(灯油)だって対応してます。但し、付属のジェットニップルをケロシン用に交換する必要があります。

 

ジェットの交換

実際には頻繁にジェットの交換をすることはないかと思いますがせっかくなのでその交換方法をアップしておきます。

まずカップ?(名称がわかりません)を手で反時計まわりに回してやると簡単に分解できます。

 

次に裏側のナットを付属のメンテナンスレンチを使って外します。

 

これでジェットにアクセスすることができるようになったので、これまた付属のメンテナンスレンチを使ってジェットを外すことができます。

 

ジェットを交換したらあとは逆の手順で組み立てるだけ。

 

アウトドア用品に限らず昔の製品は作りがシンプルでメンテナンスもしやすいですね。

全体をとおして

気づきベースで所感をツラツラと。

まず、先ほども述べましたが燃焼音が豪快なのでキャンプ場で目立つこと間違いなし!夜中は使用できないでしょうね。

 

そして、火力調整はこのストーブは苦手なようです。中火から強火くらいは多少できますが、とろ火や弱火はしにくいです。
なので料理というよりは単純に湯沸しなどが向いているでしょう。

ちなみに私はいつもソロキャンプでテンマクデザインの男前鉄板をのせて使ってます。

 

分離式バーナーなので輻射熱を気にする必要もなく便利ですよ。

メッシュホースも柔らかいので使用時に安定して安全です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です