プリムス ランタンのメンテナンス Oリングの交換は定期的にすべし!

今日はランタンやガスバーナーなどのゴム部品はこまめに交換すべきという記事です。今回はプリムスランタンのOリングの交換をしてみました。

背景

つい先日の出来事です。
たまたまリーズナブルな価格で入手したプリムスのランタン「IP-2279」について、手持ちのガス缶につないで点火確認しようとしたときでした。バルブは閉じているのにシューっと少しずつどこかからガス漏れしているではありませんか!?

耳をすまして調べてみるとどうもランタンとOD缶の接続部から音がします。まぁこの時点で原因はピンと気づきましたね。
これはおそらくOリングの劣化だと。原因が分かればあとは対策するのみです。

Oリングの交換

これからOリングを交換していきます。今回はプリムスを例にレポートしていきます。

Oリングの種類

まずはじめに気をつけなければいけないことが、プリムスはランタンやガスバーナーのモデルごとに適合するOリングが違います。

”参考:PRIMUS”

フクロウ

僕のランタン「IP-2279」はOリング1が適合です。

古いOリングの除去

まずランタン側の劣化したOリングの除去から。
僕の入手したランタンは相当古かったのでしょう。ご覧のとおりボロボロです。

もうそれには弾力性も無くカッチカチの樹脂のようです。こりゃガス漏れするわ~(汗)ちなみに僕は先の細いプライヤーを使ってかき出していきました。

注意
Oリングは一番奥まった場所にあります。取り出す際、周辺の金属部品などを傷つけないように注意しましょう。

新しいOリングの装着

あとは新品のOリングをもとの位置にはめ込むだけですがひとつ注意点。
正しく挿入しないとガス漏れの原因にもなるほか、OD缶を壊す可能性もあります。

なにを隠そう、実は僕がどうもこのとききちんとOリングを装着していなかったため下記のようにOD缶のバルブ付近を潰してしまい(凹ませてしまい)1本ムダにしてしまいました(涙)

詳しくはこちらの記事も参照下さい。

これでまたしばらくは安心して使えそうです。

◆P-571、572、IP-2245旧バルブ/2248/2279/3279/2257、3257の各シリーズ、IP-100および200、PA-100L、EX-3230、3240、3250、IP-MBLのOリングはこちら。

◆IP-9300シリーズのOリングはこちら。

◆P-531、573、IP-MBL2(ランタン部のみ)のOリングはこちら。

◆P-533/535/541/2245マイクロバルブのOリングはこちら。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です