キャンプのお供に ナルゲン トレックコンテナポーチに調味料を入れて持ち運ぶ

キャンプの準備したりクルマいじりしたり趣味が多すぎていくら時間があっても足りないと感じるふクロウです。

今回僕がご紹介する一押しのキャンプギアは、ナルゲンのHDトレックコンテナポーチ。
このなかに普段キャンプで使う調味料やインスタントコーヒーなどを詰め込んで携帯しています。
単なる収納ケースと侮るなかれ!一度使うと、その愛らしさやちょうど良いサイズ感にやみつきになります。

ナルゲン HDトレックコンテナポーチ

キャンプ界でナルゲンと言えばウォーターボトルや小ぶりなドロップデイスペンサーといったボトルがメジャーですよね。

もちろんそれらも持ってますが、そんなナルゲン製品で今自分のなかで熱いのが今回ご紹介するHDトレックコンテナポーチです。

スペック

サイズ 幅140x奥行90x高さ100mm
重量 90g
材質 外部/ナイロン、裏/アルミシート、断熱材/ポリウレタン

手に取ってみると携帯ポーチとして最適な大きさです。

詳細レビュー

それでは恒例の詳細レビュー。

ポーチをちょうど2分割する位置にファスナーが付いていて、二枚貝のように開けることができます。

フクロウ

Amazonの評価レビューをみていると、このファスナーが壊れやすいとの書き込みがチラホラあるので今後注意が必要です。

ファスナーを全開にしてもこのままでは生地が固くて開いた状態をキープできません。
そこでメーカーさんは背面にマジックテープをつけてこのように開いた状態をキープさせて使い勝手を良くしてくれてます。

 

インナーは汚れてもサッと拭き取ることができるように、また保冷力を高める効果もあるのでしょうか?アルミ蒸着フィルムになっています。

 

は、実際にキャンプで使ってきたので、その様子をレポートします。

これがソロキャンプでいろんな調味料などを詰めた状態です。

写真手前から、100均で売ってる塩や山椒、一味唐辛子にMSRのスパイスシェイカーがすっぽり縦置き可能。後ろ側は、同ナルゲンのドロップディスペンサーボトルが3本収納可能。

それでもなお空いたスペースには、スティックタイプのマヨネーズやインスタントコーヒーなど詰めることが可能です。

ちなみに

キャンプから帰ってきたら、このトレックコンテナポーチごと冷蔵庫に入れて保存してます。

キャンプのときはサッと出し入れできるので大変便利ですよ。
また、これだけの調味料をキャンプで使い切るのは大変なので、日常の食事の際に食卓に並べるのもアリです。

まとめ

なんてことのないただのポーチですが、こうやって使ってみると大きさや使い勝手などよく考えられているな~と感じました。

キャンプ準備の時短にもなるしキャンプ時にはテーブルまわりをすっきり整理整頓できます。
さらに魅力的なのは、キャンプだけでなく普段の日常でも便利に使えるのは嬉しいポイントですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です