ダイソーのジャグをちょっぴりシャレオツにしてみたよ

これまではキャンプで水を使うときは無造作に2Lのペットボトルの水をそのまま使っていましたが、最近はちょっとシャレオツキャンパーを目指してウォータージャグを使い始めたフクロウです。

一言にウォータージャグといってもその種類形は様々で、大体はファミリーキャンパー向けの大きなものばかりが揃うなか、今回僕が見つけたソロキャンパー向け?のジャグがこちら↓。

 

今や僕のなかではキャンパーの聖地!?なる100均ダイソーで見つけたじゃばらジャグです!

100均ダイソーで買いましたが400円もしました。

 

さて、タイトルからは話がだいぶそれていたので戻しましょう。

今日僕がご紹介するのは、このままではシャレオツのかけらもないウォータージャグをプラス400円ほどかけてちょっとシャレオツなジャグに改造してみました。

 

 

所要時間はたったの5分程度、必要な道具はハサミのみの超簡単な改造です。

用意するもの

・ダイソー製じゃばらジャグ

・ニトリ製バスケット(18cmくらいのもの)

作り方

いきなりですが、ニトリで買ったバスケットにハサミで穴を開けていきます。

じゃばらジャグの水栓の直径や高さに注意して開けましょう。

 

あとはじゃばらジャグをインして穴を開けたところから水栓を「ハイッ!ひょっこりはん!」で完成。

このバスケットは内側にはビニールのようなコーティングが施されているので濡れたって問題ありません。

 

これをあとはジャグスタンドに乗せるだけでキャンプサイトに馴染むようなウォータージャグになりました。

 

ちなみに、このジャグスタンドもダイソーで買ったある材料を使って自作しています。
よろしければこちらの記事もどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です