キャンプ用コンパクトLEDランタンの決定版!?ジェントス EX-136S

特徴レポ

それではこのランタンの特徴をいくつかご紹介します。

  • フック
    成立状態で使用するときのフックがついています。

 

 

  • 裏面カラビナフック
    裏面にはビルトインタイプのカラビナフックがついており、テント内などで上から照らすのに役立ちます。

 

 

 

  • 全面レンズカバー
    他機種SOL-036Cなどはうえから照らす際、レンズカバーを外さないと下部に影ができてしまいますが、本機は全面が乳白色のレンズカバーになっているので外す必要がありません。(外すことはできません)

 

 

  • 滑り止め?衝撃軽減材?
    上面と下面の周囲にはそれぞれシリコン?ゴムのような素材でできており、テーブルの上や不安定なところに置いても滑り落ちにくいように配慮されています。
    もしくは、落下の際の衝撃軽減が目的でしょうか?

 

 

 

  • バッテリーインジケータ
    ここはON/OFFや点灯モード切替用スイッチですが、バッテリーの残量が減ってくると緑→赤に変わって交換タイミングを知らせてくれます。

 

 

  • 水に浮くフローティング形状
    レンズカバーが一体式になっていることで密閉でき、水に浮くことができているようです。

 

  • 耐塵・1m防水仕様(IP67準拠)
    さすがにここではその性能を試すことはできませんが、キャンプで使用するには必須の機能といえるでしょう。ちなみに、IP(International Protection)とは防塵・防水の性能を示す表示です。
    つまり今回のIP67だと、防塵性能”6”は「粉塵が内部に侵入しない」防水性能”7”は「一定の圧力で30分間水に浸しても影響がない」ということです。

 

  • 2m落下耐久
    これも恐くて実験できませんが、キャンプで使う際あるとうれしい機能です。
    おそらく、上面と下面のゴム状の素材で衝撃を緩和させることで破損を防いでいるのだと推測します。

 

続いて明るさについて、手持ちのガスランタンを並べて比較してみました。

1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です