【今日のキャンプ飯】メスティンで肉まんを蒸してみた

今日のキャンプ飯はメスティンとあるものを使って551の肉まんを蒸してみました。

551の肉まん

関西の人なら一度は食べたことはあるでしょう。できたての551の肉まんはホントにおいしいです。

でも食べきれずに余った肉まんを冷蔵庫や冷凍庫に入れておき、電子レンジでチンしたら水分が抜けてしまってパサパサになってしまうこともしばしば。

今日は、そんな悩みを解決すべくキャンプギアでお馴染みのメスティンを使って温めて(蒸して)みました。

用意するもの

食材

  • 551の肉まん(最大2個)
  • 水 適量

今回は1個だけを蒸してますが、最大2個まで同時に蒸すことができます。

今回活躍するキャンプギア

  • セリア 固形燃料30g 1個
  • エスビット ポケットストーブ
  • バーゴ ウインドスクリーン
  • トランギア メスティン
  • 長バット網

今回も固形燃料はセリアの30gタイプを使っていますが、ダイソーでも売っている25gでも代用できます。

また、今回のキモである長バット網はこちらの商品がシンデレラフィットします。

 

上記の長バット網以外にトランギアからも純正品が発売されてます。少し高いけどやっぱり純正品が良いって人はこちら。

 

作り方

Step1
調理器具の準備

今回は固形燃料を1個使います。エスビットのポケットストーブをごとく代わりに、バーゴのウインドスクリーンで熱が逃げないようにします。

 

そして、メスティンに長バット網をセット。

Step2
水を張る

お水適量を長バット網がちょうど浸からないギリギリまで水を張ります。

Step3
ほったらかし蒸し

フタをして固形燃料に火をつけて消えるまでほったらかし蒸しです。

 

MEMO
ときどきフタを開けて水の量を確認しましょう。ひたひたまで水を張っておけば大丈夫でした。

あえて蒸してる感を表現してみました(汗)

フクロウ

Step5
完成

メスティンのフタをお皿代わりに盛って完成です。

味の感想

551の肉まんの評価
味のバランス
(4.5)
お手軽さ
(5.0)
値ごろ感
(4.0)
総合評価
(4.5)

味の評価について、今回はお店でできたてを買ってすぐに食べたときに対してどうかという視点で評価してみました。
できたてと同じくらいふっくらして、中までしっかりと温かくなっていたので4.5ポイント。

あとは食べる環境の差ですね(笑)キャンプや山で食べたらお店以上になるかも。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です