【今日のキャンプ飯】無印良品 X メスティンでほったらかしリゾット

次のキャンプまでしばらく時間があるので今日は家の庭でキャンプ飯の予行演習です。

今日のキャンプ飯は無印良品で売ってるチーズリゾットをメスティンで作ってみましたのでその様子をレポートしていきます。

イタリアでつくった チーズクリームのリゾット

なにかとキャンプのときのメニューでお世話になっている無印良品から発売されているリゾットシリーズ。

 

バリエーションは今回のチーズのほか、アスパラガスやシーフード、ポルチーニなどがあります。

用意するもの

食材

  • 無印良品 イタリアでつくったチーズクリームのリゾット
  • 水 350ml

今回活躍するキャンプギア

  • セリア 固形燃料30g 2個
  • エスビット ポケットストーブ
  • バーゴ ウインドスクリーン
  • トランギア メスティン

 

固形燃料はセリアで売っている30gタイプがオススメ。

ちなみにダイソーで売ってるのは25gです。

作り方

Step1
材料と水を混ぜる

メスティンに無印良品で買ったリゾットのもとと水350mlを入れ軽く混ぜます。

Point
無印良品の作り方には水450mlと書いていますが、メスティンと固形燃料でほったらかし炊飯する場合はなべ底が小さいのと火力が弱く水分が飛びにくいので通常よりも水の量は少なめがオススメです。
Step2
調理器具の準備

今回は固形燃料を2個使います。エスビットのポケットストーブをごとく代わりに、バーゴのウインドスクリーンで熱が逃げないようにします。

Step3
ほったらかし その1

固形燃料に火をつけて消えるまでほったらかし。

MEMO
無印良品の作り方にはフタはしないよう記載ありますが、キャンプ飯の場合は固形燃料の熱を無駄なく使うようにフタをしてます。
Step4
ほったらかし その2

1つめの固形燃料が消えたら一度リゾットをかき混ぜて、2つ目の固形燃料に火をつけて消えるまでさらにほったらかし。

Step5
仕上げ

お好みでコショウをふって完成。

味の感想

チーズクリームリゾットの評価
味のバランス
(2.0)
お手軽さ
(3.0)
値ごろ感
(3.5)
総合評価
(2.0)

無類のリゾット好きな僕からするとン~、、、ょっとあっさりしすぎかな?
ブルーチーズとか足すとコクが出てグッと良くなるかもと思いました。

あとの量ですが、なるべく少なめ400~350mlくらいのほうがよりリゾット感が出ておいしく仕上がるかと思います。

おまけ

今回食べたリゾットや固形燃料、バーゴのウインドスクリーンにエスビットのポケットストーブにいたるまですべてメスティンのなかに収めることができちゃいます。

 

とてもコンパクトに持ち運ぶことができるのでキャンプだけでなく登山やハイキングに持って出かけるのも有りかと。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です