ソロキャンパーがDOD テキーララックSをレビュー

どうも、ソロキャンパーのふクロウです。

今日は、久しぶりに大物キャンプギアとなるDOD テキーララックSを購入したので詳細レビューしていきます。
そして、さっそく先日のキャンプで使用してきたので、そのときの所感なども併せてお伝えしていきます。

DOD テキーララック

最近の流行りでしょうか?ちょっとネット検索してみるといろんなメーカーからこの手のアイアンラックが発売されてます。

そんななか、僕がチョイスしたのがDOD テキーララックS。本当はフレーム(脚)だけのテキーラレッグSを買って棚板は自作しようと思ってたけど、あいにくどこも完売、、、

まぁ、このあとキャンプで使ってみたら結果的に棚板付きのテキーララックで良かったとなりました。

スペック

テキーララックのスペックは以下のとおり。

  • サイズ(組立時) W115xD32.5xH41cm
  • サイズ(フレーム) 47x49x厚み2.2cm
  • サイズ(棚板) 91cmx14cm
  • 重量 5.6kg
  • 耐荷重 30kg
  • 生産国 台湾

開封~組立の儀

箱を開けるとパーツ一つ一つをきれいに梱包してくれています。

ちょっと過剰梱包な気もしますが(汗)

フクロウ

説明書にはロット番号が記載されていて、この辺の管理がさすが大手メーカーと感じますね。

 

組み立て方法は超カンタンで、2本のメインフレームにある3段の好きな位置に付属の棚板を差し込むだけ。

このように最後は台形になるように整えたら完成。

これでガッチリとしたアイアンラックになります。

詳細レビュー

組立が完了したところで詳細レビューしていきます。

さすがメジャーメーカーです、フレームの端部には傷付き防止の樹脂キャップが付いています。これならキャンプだけでなくインテリアにも使えますね。

 

塗装はマットブラックでしっとりとした感じ、高級感もあり仕上げも丁寧です。但し反面、金属どうしが擦れてしまうとちょっとキズが目立ちやすいことも(汗)

 

鉄製の棚板は直火での焚き火台としても使えるそうですが僕にはそんな勇気ありません(汗)
ギアはできるだけきれいに使いたいですもん。

 

そして端部は木材を裏側からネジ留めしているだけなので、DIYで好きな木材や色に変更したりすることもできそう。

 

所感

先日のキャンプで実際に使ってきたので、そのときの所感を少々。

キャンプ場でも組み立て/撤収は簡単であっという間に完了です。

そうそう、当日は追加で1バイ6の板を使って棚板を追加しています。実はこの棚板もある工夫をして使いやすくしているのですが、詳細はまた後日レポートします。

話を戻して、高さ的にはロースタイルキャンプでの使用がおすすめ。ハイスタイルになると高さが足りずちょっとSサイズではアンマッチかも。

 

棚板の幅や奥行きなんかもソロキャンプのギアを並べるのに無駄なくちょうど良い感じです。

 

僕は2段目3段目を使って2段目に棚板を2枚使って奥行きを出し、3段目には棚板を1枚だけにして小物類を置くようにしてみました。

こうすることで、奥行きのある2段目の棚の使いやすさもさらに良くなりました

 

使ってみたら案外良かったテキーラプレートもおすすめです。

 

棚板を自作できる人はテキーラレッグがリーズナブルでおすすめ。

 

残念ながらカシスレッグSは販売終了のようです、、、

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です