【山渓×NANGA】オーロラ600DXを冬シーズン使い続けたのでレビューします

最近ではその人気ぶりで数ヶ月の納期待ちは普通になっているシュラフ「山渓×NANGA『オーロラ600DX』」を冬キャンプで1シーズン使い倒してきました。
今日はそんな大人気シュラフの寝心地や性能などをレビューします。

また、本家「NANGA『オーロラライト600DX』」とはどんな違いがあるのかも検証してみました。

山渓×NANGA「オーロラ600DX」とは?

山渓×NANGA「オーロラ○○○DX」シリーズは、山岳、自然等に関する雑誌・書籍の出版販売やそれらに関するアウトドア用品を販売する「山と渓谷社(山渓)」とシュラフメーカー「NANGA社」との共同企画で商品化したシュラフです。

NANGA「オーロラ ライト600DX」との違いは?

本家NANGA社には類似のシュラフとして「オーロラライト○○○DX」シリーズがあります。


山渓オンラインショップでは生地の違いのみと書いてますが、独自にカタログスペックを比較してみるとそれ以外にもちらほら違いが見つかりました。

 

販売価格

オーロラ600DXの最大のアピールポイントは販売価格でしょう。本家オーロラライト600DXの性能はそのままに、ムダを省くことで約16,000円ほどリーズナブルに購入することができます。さらに、キャンペーンなどを利用するとさらに5,000円お得に購入できる場合もあります。

 

生地は黒一色

本家オーロラライト600DXはカラフルな配色でインパクト大ですがオーロラ600DXは黒一色の仕様しかありません。

 

若干重い

本家オーロラライト600DXが1,050gに対しオーロラ600DXは1,250gとわずかに重くなっています

この違いにより山渓×NANGAシュラフは商品名から「ライト」の文字を省いたのでしょうか。

 

インナー生地が違う

本家オーロラライト600DXはインナー生地に「20dnナイロンタフタ」を使用しています。一方でオーロラ600DXには「40dnナイロンタフタ」が使われています。

 

この数字が大きいほど生地の糸が太くなり丈夫になるので、言い換えればオーロラ600DXのほうが耐久性はあるとも言えるかもしれません。

 

収納サイズの違い

おそらく上記の違いで収納サイズがわずかに違ってきます。本家オーロラライト600DXが17×31cm、オーロラDXは18×30cmとなります。

 

スペック

それでは山渓×NANGA「オーロラ650DX」のスペックをおさらいします。なお、参考に本家オーロラライト600DXのスペックも併記しておきます。

【山渓×NANGA】 【NANGA】
品名 オーロラ600DX オーロラライト600DX
品番 AUR600
生地
表地 オーロラテックス 20dnオーロラテックス
裏地 40dnナイロンタフタ 20dnナイロンタフタ
内部構造 台形ボックスキルト構造
フィルパワー 760FP
ダウン量 600g
カラー ブラック レッド,ゴールド,ブルー
サイズ(レギュラー)
使用時 210cm×80cm
収納時 Φ18×30cm Φ17×31cm
総重量 1,250g 1,050g
使用温度
コンフォート -4℃
リミット -11℃
エクストリーム -30℃

 

次ページでは、冬キャンプで使い続けた所感をレポートします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です