アウディ テレビキャンセラー E2PLUGが何度やってもエラーに・・・でも解決した!

アウディの購入とほぼ同時に買ったテレビキャンセラー altporte auto「E2PLUG」を早速使ってみたらエラーに。。何度やってもエラー。。。

でも、説明書には書いてないある方法を試したら一瞬で成功!解決しました。

アウディ テレビキャンセラー「E2PLUG」

今回僕が購入したテレビキャンセラーがこちら。

OBDポートに差し込んで数秒待つだけでコーディングしてテレビキャンセルしてくれる優れもの。

ひと昔前のクルマなんて、ナビのパーキング線をアースに落としてやるだけでいとも簡単に走行中にテレビが見れたのにね(汗)

取付け車種情報

今回このテレビキャンセラーを取り付ける車種情報は以下のとおり。

  • 年式=2019
  • 車種=アウディS5スポーツバック

LET’S TRY!

作業としてはただOBDポートに差し込むだけですが、車両側のコンピュータを弄ることにビビって念入りに説明書を読みながら作業開始。

イグニッションをオンにして、運転席右下にあるOBDポートに差し込む。
この状態であとは待つだけ。

エラー発生!?

書き換え完了まで最大40秒緑の点滅が続くと書いてあるのでジッと待ちますが、40秒経っても変化なし。。

その後、赤の点滅が5~6回続いて消灯してしまいます。
説明書によると、赤の点滅が出たらエラー発生だそうで、その場合は手順に従って始めからやり直せば良いそうな。

てことで再トライするも結果は何度やってもエラー。。。ココロオレソウ。

メーカーに問い合わせてみる

一度落ち着いて発売元のalpolte autoのホームページのお問い合わせページから、エラー発生状況をカクカクシカジカとメールしてみました。

当日は日曜日でメーカー休日だったので明日以降の連絡を期待してると、10分後くらいになんとメーカーさんから電話が入ってきました!

やった!解決した!

メーカーさん曰わく「ボンネットを開けた状態で再度トライしてみて下さい。」とのこと。

素人なのでその仕組みは解りませんが言われたとおりボンネットを開けて説明書通りにトライします。

すると、10秒ほどで緑の点滅が速くなり成功です。もちろん走行中もテレビ映ってます。

まとめ

エラー発生当初はお金をドブに捨ててしまったと半泣きモードでしたが、予想を超えたメーカーさんの親切な対応で救われました。

今回のコーディング作業手順のおさらい

  1. ボンネットを開ける
  2. イグニッションをオンにして、MMIを起動させる
  3. OBDポートにE2PLUGを差し込む
  4. 10秒ほどで緑の点滅が速くなり、作業完了
  5. 一度エンジンをかけ直し、MMIを再起動させて確認

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です