サーモス 保冷缶ホルダーがキャンプで丸一日大活躍!

こんにちは、最近ブログ更新ができず悶々としていたフクロウです。

今日レビューするのはタイトルの通りサーモスから絶賛発売中の保冷缶ホルダー(ROD-002)です。
似たような商品ではキャンパー御用達のYETIからも缶クーラーとか言っているブツですね。

サーモス 保冷缶ホルダー

では改めて、サーモスの保冷缶ホルダー(ROD-002)について詳細レビューしていきましょう。

というのも、僕が実際にこれまでのキャンプで使ってきたなか、キャンプ用カップとしてはこれが一番使えると感じたんです。
正直言ってスノーピークのマグよりも使えますよ(爆)悔しいですが、、、(汗)

スペック

まずは恒例の簡単なスペックの整理から。
こんなの公式HP見りゃ分かるよって自分でも思ってますが、いちいち飛ばなくて良いところらへんが役立ってます(笑)

品名 保冷缶ホルダー/タンブラー
品番 ROD-002
カラー ミッドナイトブルー(MDB),ステンレス(S)
寸法 7.5 x 7.5 x 13mm
重量 0.2kg
容量 350ml

詳細レビュー

保冷缶ホルダー自体について、僕が持っているステンレスカラーは若干の艶を残したマットな仕上げ。

ちなみに、もう一方のミッドナイトブルーは艶有りだったと記憶してます。

本体に貼付してある『THERMOS』ロゴは剥がすことができそうです。その代わりガッツリと両面テープで接着されていますが、、

僕もこのあと時間があるときにでもステッカーチューンしてみようと企んでますヨ。

フクロウ

本体はサーモス自慢の真空断熱仕様になっています。

口が当たるフチの部分は薄めに仕上げてあるので、飲みやすいです。

 

缶を入れた時に抜けにくくするために、内側にはポッチがあります。

この辺がさすが日本製ですね、
想像してみてください、このポッチが無かったらホルダーに入れた缶を、注ぐときに斜めにしたら缶自体がずり落ちてしまいます。こういった細かいところへの配慮に脱帽です!

蓋は透明の樹脂製でホルダーとの勘合はシリコンゴムのようなリングがついています。

主な特徴としては、どこからでも飲めるように飲み口が360度あるってところです。

ただデメリットとして、それだけ熱が逃げやすいってことも言えますが(汗)

次ページでは実際のキャンプで使った例をご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です