プリムス パワーブースター(IP-PB-2)のレビュー

すでに廃盤になってネットオークションやフリマなどでもなかなか手に入らないプリムスのパワーブースター(IP-PB-2)。今日はパワーブースターの寸法などのスペックを中心にレビューしていきます。

 

はじめに

実はプリムスにはパワーブースターだけでいくつも仕様があります。

僕もそれをあまり知らずにプリムスのスイングヒーター用のパワーブースターを探していたところ、たまたまこのブースターを見つけて、何も考えずに即購入。

案の定、スイングヒーターにこのパワーブースターが適合するわけもなく断念、、、

けどこのままお蔵入りさせるのももったいない。

 

今日はこのパワーブースターの寸法などをなるべく詳しく記載しておきますので、これからこのパワーブースターの購入を検討している人などのお役に立てれば幸いです。

 

IP-PB-2

現在プリムスからパワーブースターの販売はありませんが、過去には様々なタイプのパワーブースターがラインナップされていました。

そのうち今回レビューするのはIP-PB-2。

 

 

こちらはOD缶の250缶と500缶兼用モデルになります。

ご覧のとおり、シャフトが可動式になっており、250缶500缶併用することができます。

250缶取付時

 

 

500缶取付時

 

 

スペック

材質

プレート本体とシャフトはアルミです。

プレート本体には2個のマグネットがついています。

 

 

マグネットとアルミプレートはボンドか両面テープで固定されているようです。

 

 

寸法

写真のとおり、250缶に取り付ける向きの状態で全長約150mmでした。

 

次に、500缶を取り付ける向きにシャフトを反転させた状態は約210mmになりました。

 

ちなみに、シャフトだけだと約145mmほどです。

 

 

重量

全体重量は実測で77gでした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です