鹿番長のアレことアルミロールテーブル(M-3713)をプチ改造

番外編

 

このアルミロールテーブル(M-3713)通称『鹿番長のアレ』にはブラックバージョン(UC-520)も展開されています。

 

この両者の違いもサラッと比較したのでご紹介。

まず、寸法の違いはありません。

・組立時:W400×D290×T120mm

・収納時:W400×70×60mm

 

 

但し、重量は黒(UC-520)のほうが実測で20gほど重かったです。おそらくこれは誤差だと思います。

・重量:M-3713=686g UC-520=706g

最初は表面処理による差とも考えましたが、どちらもアルマイト処理で同じでした。

 

 

その他、細かな違いがこちら↓。

 

 

シルバー(m-3713)のほうはレーザー刻印してありますが黒(UC-520)はステッカー仕上げです。

また、先ほどプチ改造でご紹介した結束バンドの機能について、黒(UC-520)には標準でその機能が付加されています。

 

付属の収納袋は、シルバー(M-3713)は深緑で黒(UC-520)は黒仕様となっております。

 

最後に価格帯について。

これが僕のなかで一番???なんですが、定価ベースで離すとシルバー(M-3713)が3,500円、黒(UC-520)が7,000円となっており設定差が解りません。

まあ実売値では両者にそれほどの値差はありませんが。逆にこのスペックでシルバー(M-3713)が安すぎるのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です