OLDプリムス(PRIMUS) IP-2279ランタンの分解メンテナンス

先日フリマサイトでたまたま出会ったプリムス2279ランタンですが、どうも少しくたびれている様子だったので分解メンテナンスしてみました。

今日はその手順と、ニップル?ノズル?ジェット?の清掃方法をレポートします。

プリムス(PRIMUS) IP-2279ランタン メンテナンス

作業するときはバットなどを用意し、分解した部品が無くならないように注意しましょう。

また、ガス器具を取り扱います。自己責任の元でお願いします。

用意するもの

  • プライヤー
  • 0.1mmの針
  • 替えのマントル(プリムスA型)

0.1mmの針ですが、こちらがAMAZONや楽天で安く売っていたので使ってています。

分解手順

トッププレートは横のサイドフレームを外側に少しひっぱりながら持ち上げると外れます。
ホヤは上下で挟んでいるだけのシンプルな構造です。

 

バーナーヘッドを外していきます。
バーナーヘッドはマウントに刺さっているだけなのでプライヤーでつかんで左右にこじりながら引っこ抜きます。

注意
バーナーヘッドを強く掴みすぎて潰してしまわないように

マウントにはタップが切ってあってプライヤーを使って反時計回りにまわしてやると外せます。

 

ニップル?ノズル?ジェット?は先に紹介した0.1mmの針を挿して清掃してやりましょう。

フクロウ

0.1mmの穴なんて全然見えないので僕はいつも勘で中心付近を挿してます

さいごに

以前、プリムス「IP-2245」も同様に分解メンテナンスしたことがありますが、この手のランタンは似たような構造でした。
むしろ今回のIP-2279のほうがシンプルでした。

このようにシンプルだからこそ何年経っても使い続けることができるのでしょう。
でもそのためには定期的なメンテナンスは必須です。

ちょっと暗いな~とか息継ぎするな~など不調を感じるようになったら定期的に分解メンテナンスことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です