BE-PAL 2018年7月号 特別付録「CHUMS(チャムス) × BE-PAL(ビーパル) スキレットmini」をレビュー

2018年7月号の特別付録「CHUMS(チャムス) × BE-PAL(ビーパル) 鋳鉄製スキレットmini」を発売日にゲットした僕はその流れでレビューしていきます!

発売日に入手してその流れで即レビューなんてなんだかブロガーぽいでしよ~。

CHUMUS(チャムス) × BE-PAL(ビーパル) コラボ

今回レビューするギアがこちら。

 

ネイチャー&アウトドアライフマガジン「BE-PAL(ビーパル)」の2018年7月号特別付録「CHUMS × BE-PAL 鋳鉄製スキレットmini」です。

CHUMS(チャムス)のブランド創立35周年とBE-PALの創刊37周年記念のコラボ企画だそうな。
35周年というと1983年生まれの僕と同い年ではありませんか!?どうりで最近CHUMS(チャムス)デザインが好きなわけです(爆)

 

そんな誰も興味ないような書き書きはやめて、早速詳細チェックしていきます。

スペック

それではまずは「CHUMS × BE-PAL 鋳鉄製スキレットmini」のスペックから。
雑誌には特に記載ないので実測になります。

●重量:213g

●サイズ:140 × 86 × H25 mm

●材質:ホンモノの鋳鉄(記事情報より)

 

詳細レビュー

続いて各部の詳細レビューしていきます。

スキレットminiの外径は86mmと本当に”mini”仕様ですね。

 

底面にはCHUMSロゴとBE-PALの刻印が入っています。

 

裏面は無地のまま。

 

取っ手の長さは約50mmほどあり、持ったときの安定感はあります。

 

SOTOの「ST-310」にもちゃんと乗せることができました。

 

 

余談ですが、このST缶に付けているカバー 実は・・・。

 

最後に、付録にしては全体的にきれいな仕上げですね。

 

比較してみる

いまいち大きさが伝わってない人もいるかもしれないので、身の回りのギアを使ってちょっとだけ比較レビューです。

ユニフレームのシェラカップと並べてみる。

 

LODGE(ロッジ)の6インチスキレットと並べてみると、すっぽりと入って蓋を閉めることもできます。

 

それでは次ページで実際に料理を作りながらレビューしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です