冬キャンプ2年目 フジカハイペットがないと耐えられない

キャンプデビュー1年目にして冬キャンプの魅力に取りつかれてしまったふクロウです。

そしてもちろんキャンプ2年目でも冬キャンプは欠かせません。でもそんな冬キャンプを楽しめるのは装備が充実しているからでしょう。

そのうちの「フジカハイペット」は無くてはならない最重要ギアです。

フジカ2年目

持ち運ぶときはぴったりおさまる収納ケースに入れて後部座席でシートベルトをしてます(笑)

 

こんなことができるのも、傾いたりしても燃料が漏れないように設計されているから。

キャンプ場に着いたらアルフェイム12.6のセンター付近に鎮座。

 

点火すると中央付近のバーナーリングが真っ赤に熱せられ、側面や上面へ一気に熱を放射してくれます。

 

これはもう簡易的なカセットガスヒーターとは比べものにならないほどの熱量です。
それなのに燃料満タンで約12時間ももってくれる優れもの。

寒ければ寒いほどフジカハイペットの虜になっちゃいます。
幕を閉じてフジカハイペットの前に座るともうお尻に根っこが生えちゃってます。

 

2年目はフジカハイペットのの上方にシーリングファン的なものを配置することでより一層幕内を暖かく快適にすることができてます。

 

ときに仲間で一つの幕内に集ってフジカハイペットを囲み、その上で鍋パーティーなんてことも楽しみのひとつです。

 

フジカハイペットの上にアルミホイルを敷けば炙り料理もできちゃいます。(幕内はちょっとオイニーが、、、)

 

地面からの冷気でどうしても足元が冷えるな~ってときは補助的にユニフレーム「ワームⅡ」を置いてダブルで温めてます。

 

その他フジカハイペットの詳細についてはこちらの記事も参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です