YETI 10ozタンブラーの性能評価

環境設定

測定環境を一定にするため場所を浴室にしました。そして、そこにストーブを持ち込んで閉め切り、夏場を想定した24度前後を作りました。

 

 

投入する氷の量は10個にあわせます。

 

測定開始

サラッと開始直後の状態がこちら。

当たり前ですがどのコップの氷も元気です!

ちなみに、『YETI 10ozタンブラー』と『雪峰マグ300ml』は測定中は蓋をつけてあります。

 

1時間後

早くも各コップの氷に変化が表れました。

 

『スノーピーク シングルマグ450ml』と『ガラスグラス』の氷が半分くらい溶けています。

 

 

2時間後

 

『スノーピーク シングルマグ450ml』と『ガラスグラス』の氷は無くなる寸前。
次に、『雪峰マグ300ml』の氷もだいぶ溶け始めております。

 

3時間後

 

ここで『スノーピーク シングルマグ450ml』と『ガラスグラス』の氷は完全に無くなりました。
『雪峰マグ300ml』のほうもほとんど溶けてしまっています。

 

4時間後

とうとう『雪峰マグ300ml』の氷も無くなってしまいました。
ここでスノーピーク全滅です。

ここからは真空断熱マグ対決となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です