UCO キャンドルランタンの世界 1/fのゆらぎ

こんにちは、ふクロウです。

今日はUCOキャンドルランタンの魅力をレビューしていきます。
お世辞にも実用的なランタンではありませんが、なぜかいつもキャンプに持って行ってしまう魅力を秘めているんです。

UCO キャンドルランタン

僕が持っているキャンドルランタンはブラスタイプ。

キャンドルランタンシリーズとしては、ミニタイプだったりロウソクが3本も入るキャンドリアがあったりしますが、僕はこのオーソドックスなやつが好きです。

 

このキャンドルランタン、ハマったらじつに奥が深くまさに底なし沼状態(汗)。

ブラス仕様以外にもアルミに塗装をした仕様があったり、何代かロゴマークのデザインが変更になってたり。
いろいろ調べてるうち、もうひとつ欲しいな~って思うのはアルミの素地バージョン。

ブラスやアルミの無骨なデザインに惹かれます。

明るさはどれくらい?

ランタンと言うくらいだからこの辺についても少しレビューしておきます。
ただし、結論から言うとこのランタンに照明用の明かりとしての性能はありませんよ。
あくまで、ロウソク1本分の灯火です。

こちらが月明かりのした、テーブルのうえに置いた明るさ。

たとえわずかですが、ロウソク1本の明かりでも頼もしく感じることができますね。

こんなふうに使ってます

オプションもいくつかあって、僕は上からかぶせるタイプのリフレクターをセットで使うこともあります。

そもそもの明かりが小さいので、決してリフレクターとしての効果は??ですが。雰囲気を買ってます。

リフレクター無し

リフレクター有り

 

さらに最近はこのキャンドルランタン用にと、テーブルにクランプする韓国のメーカーEDGEのランタンスタンド『EDGE STAND』を買って吊り下げて使ってます。

このほうがランタンが転倒するリスクを防ぐことができます

他に、キャンドルにもいくつか種類があります。

通常はノーマルの白色を使っていますが、夏場のキャンプでは柑橘系の成分シトロネラが入って虫除け効果もある青色タイプを使ったりもします。

さすがにこれだけで避虫効果があるとは思えないので蚊取り線香なども焚きますが(笑)

 

キャンドルランタンの天板にスノーピークのシングルチタンマグ220を乗せて保温したり。

本来の使い方ではないかもしれませんが、淹れたてのコーヒーを保温するくらいの熱量はあります

メンテナンス

このUCOのキャンドルランタンって気づかないうちにガラスや台座に溶けたロウが付いてたりします。

そんなときは、本体からガラスや台座を外して熱めのお湯をかけてやるときれいに落とすことができますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です