快速旅団「Simple」とムササビタープを連結するアダプターを作った

今日は先日買いたてのモノポールテント、快速旅団「Simple」にテンマクデザイン「ムササビウィングタープ」を連結するためのアダプターをご紹介します。
かかった材料費は約300円とリーズナブルなうえ、外のテントやタープでの連結にも使えるアイディアだと思います。

 

タープ連結アダプター

前置きは無しにして早速作っていきます。

作業時間は10分もあればできるので、キャンプ当日の現地でもできちゃいます。

完成形のイメージ

今回僕が求めたテントとタープの連結イメージはこんな感じです。

 

この完成形を目指し、テントポールに細工を施していきます。

ちなみに・・・

快速旅団「Simple」のてっぺんにはタープとの連結が可能なループが備え付けられているんですが、僕はどうもその連結が美しく感じません。また、どうしてもテント幕自体に負担をかけてしまうのが気になってしまいます。

 

用意するもの

  • ホースバンド(水道のホースを締め付けるやつ)
  • Dカン
  • ビニールテープまたは薄いゴム板

 

ホースバンドはホームセンターの水道関連のコーナーに売ってました。ホース径によって種類もたくさんあるので、テントポールの径に合ったものを選びます。

Dカンは革製品などのDIYコーナーで売ってました。こちらもいくつかの大きさや色がありました。
ちなみにセリアなど100均にもあるようですが、僕の場合はホームセンターで70円程度と安かったです。

 

作り方

いきなりちょっとメンドクサイですが「Simple」を仮設営してテントポールにDカンを固定する位置決めをしていきます。

僕の場合は下記写真の位置からガイロープを出してタープと連結させようと考えたため、Dカンの固定高さを下から170cmくらいのところにしました。

位置が決まればそこにビニールテープを何重か巻いていきます。
これはテントポールにDカンとホースバンドを固定したときの傷つき防止策なのでビニールテープでなくてもOK。

 

一度ホースバンドのネジをまわして分解しDカンをセットします。

 

それをテントポールに取り付け、ネジをまわして締め付けて固定すれば連結アダプターの完成です。

フクロウ

できるだけ強く締め上げること。そうしないと引っ張られたときズレてきますよ。

 

タープを連結するときはこのDカンにガイロープをとおして自在金具などで出代を調整してやればOK。

 

 

ラッキーなことに「Simple」にはファスナーの留め具のうえに少しだけすき間があり、そこを活用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です