カインズで発見!しかもおしゃれ!キャンプにベストバイな薪入れのご紹介

最近バックパックキャンプなど、コンパクトキャンプばかりの反動でこだわりのギアを持ち出してお洒落キャンプが無性にしたいふクロウです。

今日は、そんなキャンプでかなり活躍してくれそうな薪入れをカインズホームで見つけてきたのでレポートします。

カインズ 折りたたみバッグ(大)

今回見つけた一押しの薪入れがコレ!ホームセンター・カインズで見つけてきたカインズオリジナル折りたたみバッグです。

本来の使い方はDIYの道具などを収納するバッグですが、これがキャンプの薪入れにもぴったりなんですよ。
どれくらいぴったりかをこれから詳しくレビューしていきます。

スペック

まずはこの折りたたみバッグの簡単なスペックから。

【サイズ】(約)幅38×奥行28×高さ19cm(取っ手含まず)

【耐荷重】(約)15kg

【材質】本体:ポリエステル  取っ手:ポリエチレン  底面:合成革  上部枠:スチール  側面枠:ステンレス

【原産国】中国

なお、色は全部で4種類あって、僕が選んだラウンの他にレー、ージュやーキがあります。

 

価格について、僕が購入したときはなんと998円!工具箱などを陳列しているコーナーに置いてありました。
これがどれだけリーズナブルか、以降の詳細レビューを見て頂けたらわかると思います(汗)

詳細レビュー

それでは恒例の詳細レビューです。どれだけ薪入れに適しているか、その魅力を存分に伝えていけたらと思います。

使わないときはこのとおりぺっちゃんこにできます。目測で厚さ1cmくらいでしょうか。

 

そこから広げると、っという間に大収納力のあるバッグに。

 

さらに、他の折りたたみバッグと違うところが、補強のための針金が備わっています

この針金、上部枠全周にも入っているので一度組み立ててしまえば折りたたみバッグとは思えないほどしっかりとしてます。
これで、多少の物なら重ね置きしても崩れることはなさそうです。

底面は一面がフェイクレザーになっています。

フェイクレザーということは、素材はビニールなので地面の水滴からも薪を守ってくれそう
また、汚れもサッと拭き取れそうです。

この辺、地面と接する部分なので今後の耐久性は要チェックですね。これからのキャンプで様子をみていきます。

フクロウ

内側部分は前面水性のある素材で覆われておりツルッとしています。

ツルッとしているので薪のササクレなどにも強そうで耐久性も期待できます。

注意
撥水性のある素材を使っていますが防水性ではないことに注意

取っ手は根元の縫製や持ち手部分も造りこまれています。

 

最後に、手元にある薪や焚き火道具をこのなかに詰めてみました。

僕の感覚だと、ホームセンターで売っている薪の束(7~8kg)だと1束は余裕で、最大1.5束くらいの収納力はありそうです。
(これまでの経験から2束は無理そう)

おまけ

このカインズの薪入れ(折りたたみバッグ)を見つけるまではスノーピークのシェルフコンテナSを使っていました。

そのときはホームセンターで売っている薪の長さに対して少し余るくらいのサイズでしたが、今回この薪入れにすることでそのような余分な隙間もなくなり、まさにシンデレラフィット。

最後に、カインズの薪入れはシェルフコンテナSにぴったり納まりました。

これでサイズ感が伝わればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です