そのテント ちゃんとメンテナンスしてる? 自宅でできる簡単な洗い方

こんにちは、フクロウです。

今日は、自宅で簡単にできるテントの洗い方をご紹介。
天気が良い日だと半日あればできるので、今までしたことがない人も是非チャレンジしてみては?1シーズン使ったテントって見た目にはわからないものですが結構汚れてますよ~。

テントの洗い方

テントって見た目にはわかりにくいですが、実際に洗ってみると結構汚れていたのがわかるくらい汚れていますよ。
焚き火の煤汚れや泥汚れ、雨による汚れなど。

1シーズン使ったら一度クリーニングすることをおすすめします。
そこで今日は、そんなテントのクリーニングを自宅で簡単にできるやり方をご紹介します。

準備するもの

基本的にはサッと水洗いでも軽度の汚れなら落とすことはできるでしょうが、より効果的にお手入れするために使うのがこちら。

オキシウォッシュ(OXI WASH)の出番です。

ダイソーやセリアなど100均でも買うことができて、手軽に使える洗剤です。洗うテントの大きさにもよりますが、ソロテントだと2袋あればじゅうぶんです。

これは酸素系漂白剤で、これひとつで『除菌』『消臭』『漂白』までできちゃう優れもの。

 

漂白剤だけど色柄物にも使えるので安心です。

酸素系漂白剤では、オキシクリーンが有名です。

大型テントのクリーニングには大容量のこちらがおすすめです。

ちなみに、成分はどちらもほとんど変わらなさそうです。

洗い方

手順1
お湯を準備

お風呂のバスタブに40℃~60℃のお湯を入れます。

手順2
洗剤を投入

オキシウォッシュをお湯に入れて溶かしておきます。

量の目安はお湯4Lに対してオキシウォッシュ30g。ダイソーで買ったオキシウォッシュの容量は120gなので、一袋で16Lぶん。
ソロテントだと、余裕を見ても2袋あれば良いでしょう。

手順3
テントを入れてつけ置き洗い

オキシウォッシュを溶かしたお湯にテントを入れてつけ置き洗いします。時間はだいたい10分ほど。

たまにテントをひっくり返しながら、まんべんなく洗いましょう。

手順4
水洗いして乾燥

つけ置き洗いが完了したら、最後に水ですすいで乾燥させたらクリーニング完了。

自宅にテントを広げられるスペースのある人は、一度設営して水洗いするのがラクです。

ちなみに

僕が普段使っているテントが、テンマクデザイン『PANDA CLASSIC(パンダクラシック)』。色はホワイトで、数年間ノーメンテで使ってきました。

 

テントの横で焚き火をしたりしているので、少し煤の臭いは付着していますが、目立つ汚れは見当たりませんでした。

でも、今回このオキシウォッシュを使って洗ってみるとビックリ!洗った残り湯はご覧のとおりまっ茶色。

 

クリーニング後は、煤の臭いも消えてパリッとしたホワイトに蘇りました。

 

ソロテントにはこちらを2袋

 

大型テントにはこちらが経済的

 

万能なので大容量を買っておくのもアリ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です