経験者が語る!おすすめしないテントの色

どうも、ふクロウです。
今日の記事はテントの色について。僕の経験からあまりオススメできない色を具体的な理由と合わせてレポートします。

おすすめしないテントの色

普段あまりネガティブなレポートはしませんが今日は勇気を出して(汗)

本題ですが、僕のこれまでのキャンプの経験からオススメできないテントの色は、ズバリ白!ホワイトです!

以上、ご静聴ありがとうございました!!

 

ではあまりにも雑過ぎるので、3つの具体的な理由をご紹介します。

1.汚れが目立つ

これはテントに限った話しじゃありませんが、テントも白いと汚れが目立ちやすいです。

特に、使っていくうち地面に近い足元付近は汚れやすいです。

2.寝れない

白いテントだと光を通しやすく幕内が明るくなります。

そのため、夏場など日の出が早い季節では太陽の光で目覚めも早くなりやすいでしょう。
また、日中お昼寝する人にはアイマスク必須です。

3.集虫効果抜群

キャンプで子供たちと昆虫採取したいならもってこいでしょう(爆) それくらい白のテントに虫は集まってきます

太陽光に反射して明るく見えるからでしょうか?
小さな羽虫から蛾やカナブンなど、天気の良い日の昼間などは特に多いです(涙)

まとめ

いかがでしたか?そう言いながら今も僕は白色のテントを使っています。
それがテンマクデザイン「パンダ」の白(クラシック)です。

ですがこの白も今では廃盤になってしまいました。
これも上述したことが原因かどうかは不明ですが、それ以外はとっても使いやすいテントです。

おまけ

僕が長年愛用し続けているパンダテントですが、上述のとおり白色はとくに虫が集まりやすいです。
そのため僕はオプションのSTDインナーをセットで使ってますが、これが本当におすすめできます。

場は両側ともメッシュインナー仕様にしておくことで、前後に心地よい風が流れてくれるうえ虫の侵入も防げます

場はフルインナー仕様にすることで、冷たい冷気の侵入を防ぐことができるので快適に就寝することができます。

そして、設置も超カンタン!1分あれば設営完了します。設営方法は、下側4隅と上側1箇所のバックルをパンダ本体幕に連結するだけで完了です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です