サーモス ソフトクーラー5Lはキャンプで使えるのか!?検証結果レポート

さて、以前バックパックキャンプ用にとサーモスのソフトクーラー5Lを購入しレビューしました。
今回はそのソフトクーラーを使ってキャンプしてきたので、実践での実力をレポートします。

ソフトクーラー5Lのおさらい

このサーモス ソフトクーラー(REF-005)の収納力などのレポートは以前書いたこちらの記事をご覧ください。

キャンプで使ってみた

それでは本題、5月に実際に一泊二日のキャンプで使ってきたのでそのときの実力をレポート。ちなみに、このときの最高気温は20℃前半で日差しも強かったです。

AM11:00
パッキング
キャンプ当日は11時くらいからクーラーに食材をせっせと詰め込みました。

今回は保冷剤の代わりに500mlの水を凍らせたものを用意してます。
さらに、うどんなど凍らせることができる食材は事前に凍らせてます。

PM3:00
初オープン
15時に乾杯のためビールを取り出しましたが、このときはまだどの食材も凍ったまま、もちろんビールもキンキンに冷えてました。

PM6:00
ディナー
この間、追いビールのため何度もクーラーを開け閉めし、18時過ぎディナーの準備のため食材を取り出すと、食材はこのとき半解凍状態でした。

凍らせた水も徐々に溶け始めているのがわかります。

AM6:00
モーニング
その後、時刻は時計を半周し朝の6時、外の気温は15℃くらいでしょうか。ロンTくらいがちょうど良い気温です。

このとき朝食用に用意しておいた冷凍うどんはすっかり解凍状態。
ペットボトルの氷も3分の2は溶けてました。

AM10:00
チェックアウト
最後はチェックアウト直前の10時くらいですが、ペットボトルの氷もほとんど残っておらずです。

まとめ

5月の涼しい気温までなら一泊二日のキャンプでもこのソフトクーラーは使えます。但し、その際はいくつかの注意点もあり。

  • 食材などはできるだけ凍らせておく
  • 頻繁に開け閉めせず日陰で保管する
  • 2日目の食材はなるべく常温保存品で対応

追記:
6月末にこのソフトクーラーを使ってキャンプしてきました。当時の気温はグッと上がって日中は30℃近くになることも。

今回はペットボトル氷ではなくLOGOSの氷点下パックを使いましたが、ここまで気温があがるとさすがに次の日は完全に保冷力を失っていましたね。

よって、春先ころまでならこのソフトクーラーで一泊二日のキャンプに十分対応できると思いますが、夏場だとデイキャンプもしくはキャンプ一日目までが限界でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です